にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2017年2月3日(金)~5日(日)の3日間、ランドマークホールにて開催されていた「ヨコハマ鉄道模型フェスタ2017」からの続きで、グリーンマックス(GM)の試作品展示などの2回目です。

試作品のつづきの前に、ホール内に展示していたジオラマやストラクチャー類を見ていきます。
まず、京急の車両基地は、照明が暗くなると、よりいっそう魅力が増します。
(写真1 京急の車両基地 夜景)
京急の車両基地 夜景

いろいろな形式の車両が配置されていたり、保線車両もいい感じです。
(写真2 GMのホール内展示 京急の車両基地)
GMのホール内展示 京急の車両基地

これらが並ぶ中央には、グリーンマックスから発売されているストラクチャー製品が、ずらりと並びます。
最近力を入れているビルは、だんだん大きなものを手がけるようになってきていると思います。
(写真3 グリーンマックス ストラクチャー展示)
グリーンマックス ストラクチャー展示

再び、一緒に展示されているシーンに移りますが、車両工場はとても実感的です。
(写真4 車両工場)
車両工場

このほか、車両とともに展示されているもとして、マルチプルタイタンパーと小田急の車両などもありました。
(写真5 マルチプルタイタンパーと小田急の車両 1/150)
マルチプルタイタンパーと小田急の車両 1/150

さらに、近鉄の車両ある情景もすてきでした。
(写真6 近鉄の車両があるジオラマ)
近鉄の車両があるジオラマ

さて、グリーンマックスブースの試作品展示にもどります。
ほぼ未塗装状態なので、イメージがつきづらいですが、京王8000系です。
(写真7 グリーマックス 京王8000系試作品)
グリーマックス 京王8000系試作品

こちらは、来月発売予定で完成に近い、東武634型スカイツリートレインとなります。
(写真8 東武634型スカイツリートレイン 1/150)
東武634型スカイツリートレイン 1/150

先ほどもたくさん並んでいた京浜急行の車両は、SRアンテナを搭載して、リニューアルが予定されています。
(写真9 京浜急行 新1000形 アルミ車・ステンレス車)
京浜急行 新1000形 アルミ車・ステンレス車

最後は、定番で会場販売品となっていたJR東日本のE653系です。
カラーもデザインもすてきな車両で、各色が並ぶと絵になります。
(写真10 GM 1/150 JR東日本 常磐線特急 E653系)
GM 1/150 JR東日本 常磐線特急 E653系

ヨコハマ鉄道模型フェス2017の話題は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する