にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
KATO(鉄道模型・Nゲージ)のE259系成田エクスプレス用に“車体間ダンパー”がありますが、ホビーセンターカトーが公式にダンパー部分をカットして、ジャンパとして他形式の車両にも使えることを案内しているため、人気のパーツとなっています。
103系など旧製品の台車と一体となっているカプラーにはジャンパが再現されていました。しかし、新しいボディーマウント式のカプラーにはこれがないためです。
(写真1 KATO 連結部分のジャンパ比較)
KATO 連結部分のジャンパ比較
※E233系3000番台には、E259系仕様のままの見本です。

一部の店舗を除き、品切れが多かったこのパーツが再生産されたようで、ホビーセンターカトー東京をはじめ、多くの店舗で再入荷されました。
ただ、今回購入した店舗では、数日で在庫切れになっていましたので確認が必要かもしれません。
(写真2 KATO ASSYパーツ E259系 車体間ダンパー)
KATO ASSYパーツ E259系 車体間ダンパー

なお、カットを含めた取り付け方法については、2012年には、すでにホビーセンターカトー公式から案内されていて、現在でもページの閲覧やPDFファイルをダウンロードすることができます。
(写真3 公式の案内通りにカットした車体間ダンパー)
公式の案内通りにカットした車体間ダンパー

さて、早速、E233系1000番台京浜東北線に取り付けてみましたところ、やはり、より見栄えがよくなったと思います。
(写真4 E233系1000番台京浜東北線に取り付けたジャンパ)
E233系1000番台京浜東北線に取り付けたジャンパ

このパーツだけではなく、E259系成田エクスプレスもほしいところですけれど、こちらも人気で、購入の順番になるまで残っているか心配しています・・・。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する