にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・JR直通線の話題でもとりあげた、JR横浜線大口駅付近の長くて見えない謎の高架線についてです。
大口駅のホームからも、横浜線をまたいでいる高架が見えます。
(写真1 JR横浜線大口駅から)
JR横浜線大口駅から

この高架を近くから見ると、横浜市営バスの西寺尾小学校前バス停付近で、丘の中に消えていきます。
(写真2 道路や線路をまたぐ謎の高架橋)
道路や線路をまたぐ謎の高架橋

一方、反対側(羽沢貨物駅方面)へは、どこまで・・・と思うほど、遠くまで高架が続いています。
(写真3 長く続く見えない高架線)
長く続く見えない高架線

これは、東海道貨物線で、ほとんどが地下区間の横浜羽沢駅-京急線生麦駅付近の間で、(区間全体で見るとわずかに)地上に出ているところが、すべて囲われていて見えなくなっています。
※東急線は、白楽駅-妙蓮寺駅間で交差
(写真4 東海道貨物線 子安街道ガード)
東海道貨物線 子安街道ガード

この高架区間は高い位置からも以前はよく見ることができました。
(写真5 高い位置から東海道貨物線を見る)
高い位置から東海道貨物線を見る

しかし、県の施設の閉鎖に伴い、昨年の春(2016年4月)から緑地に入ることができなくなってしまったため、葉の落ちた木の間からの景色となってしまいました。
(写真6 立入禁止となった緑地の階段)
立入禁止となった緑地の階段

ちなみに、大口駅付近には昔からあるものが多く残っていて、その一つにチョコレート工場があります。
久しぶりにいい香りを楽しみましたが、以前にはなかった洒落た看板が出ていましたので、直売所によって購入してみました。
現在は“鎌倉”のつくブランドで、人気のチョコレートを製造しているようです。
(写真7 チョコレート工場の直売所)
チョコレート工場の直売所

知ってしまえば何でもないことですが、子供の頃は、そもそも鉄道の線路であることすら知らず、この高架が謎で仕方ありませんでした。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する