にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の34回目です。

1校目は、線路に架かる橋の上にたくさんの人がいる「宮城県立仙台第一高等学校 鉄道研究部」の作品です。
何か珍しい列車でも通るのか、カメラを構えています。
春の景色と架線を張ったモジュールはよくできていると思います。
(写真1 宮城県立仙台第一高等学校 鉄道研究部)
宮城県立仙台第一高等学校 鉄道研究部

2校目は、“日本と西洋の融和した幻想世界”というタイトルの「日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会」の作品です。
フランスやドイツの景色を取り込んだ構成は、配色なども明るく、とてもきれいです。
(写真2 日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会)
日本工業大学駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会

3校目は、“鉄道発祥の地・イギリス”というタイトルの「立教池袋中学・高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
ロンドンの金融街の特徴的なものを配置したモジュールは、とてもよくまとまっています。
(写真3 立教池袋中学・高等学校 鉄道研究同好会)
立教池袋中学・高等学校 鉄道研究同好会

4校目は、転車台のある「帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 鉄道研究部」の作品です。
おそらく、車両が置かれていたと思われますが、写真を撮影する人々が、まわりを囲んでいます。
(写真4 帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 鉄道研究部)
帝塚山学院泉ヶ丘高等学校 鉄道研究部

5校目は、“街に交わる道路と線路”というタイトルの「開成中学・高等学校 模型部」の作品です。
工事現場や高い位置にあり都会的な神社が特徴的です。
ちなみに、神社は愛宕神社をモデルにしたそうです。
(写真5 開成中学・高等学校 模型部)
開成中学・高等学校 模型部

6校目は、“西院(さいん) Cosine Tangent!”というタイトルの「同志社香里中学・高等学校 鉄道部」の作品です。
京福電気鉄道の“西院(さいいん)駅”を再現したもので、特徴的な建物は、フルスクラッチという凝った作りになっています。
(写真6 同志社香里中学・高等学校 鉄道部)
同志社香里中学・高等学校 鉄道部

7校目は、トンネル間の川に架かる橋のある風景の「上宮中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
河原の石などは、とてもよく表現されていて、列車が橋を通過すると格好よく見えると思います。
(写真7 上宮中学・高等学校 鉄道研究部)
上宮中学・高等学校 鉄道研究部

8校目は、前校と同じくトンネル間ですが、こちらは駅がある景色の「東京都立西高等学校 CR東日本」の作品です。
駅の上には、朱色の大きな橋があり、迫力のある情景となっています。
(写真8 東京都立西高等学校 CR東日本)
東京都立西高等学校 CR東日本

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、あと2回程度の予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する