にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
武蔵野線103系用に追加で用意したKATO(鉄道模型・Nゲージ)のクハ103非ATC車は、いろいろと考えた結果、価格も手頃なこともあり、「103系 低運転台車 中央線 4両増結セット」を購入して、中央線にすることにしました。
(写真1 KATO クハ103 ATC車と非ATC車)
KATO クハ103 ATC車と非ATC車

現行品の増結セットは、所属表記が国鉄時代の“西トタ”(東京西鉄道管理局豊田電車区/現・豊田車両センター)となっています。
また、モハ103+モハ102+サハ103+サハ103の構成なので、武蔵野線の編成にT車を2両差し込み、先頭を非ATC車に変えて、中央線の編成として中間車を共有します。
なお、先にそろっている武蔵野線の編成は、屋根上を塗り分けて(改造・塗装変更して)いますので、先頭車と付随車(サハ)の4両は、新たに塗装を行う予定です。
(写真2 103系低運転台中央線 西トタ表示)
103系低運転台中央線 西トタ表示

ちなみに、“低運転台車中央線”のセットですので、説明書は低運車の写真となっています。
(写真3 KATO 103系低運転台車中央線 4両増結セット)
KATO 103系低運転台車中央線 4両増結セット

中央線用(特別快速)の方向幕も製作が完了していますので、時間ができましたら、シールを貼って掲載したいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する