にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・東急直通線の話題に挟み込む形となりますが、2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の31回目です。

1校目は、“バイコヌール宇宙基地”をテーマにした「英数学館高等学校 科学部」の作品です。
ロケットの“ソユーズ”と発射台のモジュールは、とても目立ちます。
(写真1 英数学館高等学校 科学部)
英数学館高等学校 科学部

車輪以外は、すべて手作りという列車も、大変よくできていて魅力的です。
(写真2 バイコヌール宇宙基地をイメージしたモジュール)
バイコヌール宇宙基地をイメージしたモジュール

2校目は、“北海道への新たな道”というタイトルの「洛星中学校・洛星高等学校 鉄道研究会」の作品です。
1つめのシーンは、津軽二股駅などをイメージしたものとなっています。
(写真3 洛星中学校・洛星高等学校 鉄道研究会)
洛星中学校・洛星高等学校 鉄道研究会

そして、もう一つのシーンは、青函トンネルの入口を再現したもので、公園なども作られています。
(写真4 青函トンネルの入口などのジオラマ)
青函トンネルの入口などのジオラマ

3校目は、“浜寺公園駅の過去と未来”というタイトルの「市川中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
特徴ある旧駅舎ほかを、工作用紙などの紙で見事に作り上げています。
(写真5 市川中学校・高等学校 鉄道研究部)
市川中学校・高等学校 鉄道研究部

4校目は、静岡県の“由比”を表現した「日本大学藤沢高等学校・中学校 鉄道研究部」の作品です。
“三線立体交差”というタイトルがつけられていて、東海道線・国道1号線・東名高速があり、インパクトのあるミカン畑が印象的です。
(写真6 日本大学藤沢高等学校・中学校 鉄道研究部)
日本大学藤沢高等学校・中学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門もつづきますが、次回は、相鉄・東急直通線の新横浜駅付近の進捗状況を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する