にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・JR直通線 (仮称)羽沢駅工事の進捗は、今年(2016年)の春から、夏、秋と季節がめぐり、2016年12月中旬の様子です。

昨日、貨物の横浜羽沢駅の話題を先に掲載しましたが、今回は、 羽沢貨物駅バス停(神奈中バス)付近からスタートしています。
(写真1 羽沢貨物駅バス停 神奈川中央交通)
羽沢貨物駅バス停 神奈川中央交通

まずは、相鉄線西谷駅方面で半分が地下となる(仮称)羽沢駅のホーム予定地です。
相変わらず何もないように見えますが、数年間ずっと経過を見ていると、工事が着実に進んでいることがわかります。
(写真2 相鉄・JR直通線/相鉄・東急直通線 仮称 羽沢駅)
相鉄・JR直通線/相鉄・東急直通線 仮称 羽沢駅

はじめは、大きな建物のような囲いがあったところも、現在は、他の場所とあまり変わらなくなりました。
(写真3 仮称 羽沢駅の工事 西谷駅方面2)
仮称 羽沢駅の工事 西谷駅方面2

そして、東海道貨物線寄りのところには、理由はわかりませんが、土砂らしき小山がありました。
(写真4 仮称 羽沢駅の工事 西谷駅方面2)
仮称 羽沢駅の工事 西谷駅方面2

一方、JR直通線は武蔵小杉駅(鶴見・新川崎経由・通過)方面で、地上に出てくるホーム側も、ベースとなるところはしっかりとしてきているような感じです。
(写真5 仮称 羽沢駅の工事 新横浜駅方面)
仮称 羽沢駅の工事 新横浜駅方面

JR横須賀線方面は、(仮称)羽沢駅を出ると、東海道貨物線に合流します。
(写真6 東海道貨物線)
東海道貨物線

(仮称)羽沢駅の工事は、相鉄・東急直通線(新横浜駅方面)の話題へと続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する