にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の29回目です。

1校目は、“駆け上がれ!人生の階段を鶴橋で!”というタイトルの「滝川中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
JR大阪環状線と近鉄線の鶴橋駅の立体交差を再現したモジュールです。
(写真1 滝川中学校・高等学校 鉄道研究部)
滝川中学校・高等学校 鉄道研究部

近鉄線の上には、JR大阪環状線のホームがあります。
(写真2 ジオラマ 鶴橋駅大阪環状線ホーム)
ジオラマ 鶴橋駅大阪環状線ホーム

近鉄線ホームへ向かう階段下には売店もあり、特急の“しまかぜ”ともいい感じです。
(写真3 ジオラマ 鶴橋駅近鉄ホーム)
ジオラマ 鶴橋駅近鉄ホーム

2校目は、蒸気機関車が活躍する時代の「浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
建物のウェザリングなど、完成度の高い作品だと思います。
(写真4 浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部)
浜松学院中学校・高等学校 鉄道研究部

モジュール内の各シーンも、とても細かく作られています。
(写真5 蒸気機関車のあるモジュールから)
蒸気機関車のあるモジュールから

3校目は、“真夏の昼の五ツ木駅”というタイトルの「滝川中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
ジオラマからも、すぐにわかる方も多いと思いますが、JR中央線・東京メトロ丸ノ内線 四ツ谷駅をモデルにしています。
(写真6 東京大学教育学部付属中等教育学校 鉄道研究部)
東京大学教育学部付属中等教育学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門のご紹介は、あと数回つづく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する