にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)の209系0番台 京浜東北線は、2編成目で集めたパーツの残りなどで、3編成目の両先頭車を含む6両までがそろいました。
前の編成までは新集電でしたが、この編成では旧集電方式となっています。
(写真1 TOMIX 209系0番台 京浜東北線 3編成目)
TOMIX 209系0番台 京浜東北線 3編成目

TOMIXの209系0番台は、最近再販された南武線も含めて、ヘッド・テールライトと前面の行先方向幕がLEDではなく、電球となっています。
そのため、前の2編成4両は、補修パーツの確保もかねて、LEDのライトユニットを基板ごと製作しましたが(掲載済み)、これにより、4つ分できたことから、今回は、元の基板を使用して、LED(+抵抗)へのお手軽交換としました。
(写真2 ライトユニット 電球からLEDへのお手軽交換)
ライトユニット 電球からLEDへのお手軽交換
※左:交換後の基板(電球色・白色) 右:製品のままの基板

また、合わせて、激安LEDテープ・白(ナチュラルホワイト・昼白色)を使った自作室内灯(前面方向幕を含む)も取り付けました。
(写真3 TOMIX 209系0番台 方向幕白色点灯化と室内灯)
TOMIX 209系0番台 方向幕白色点灯化と室内灯

ちなみに、あと2両はパーツがほとんどそろっているので、8両、10両へとフル編成になる日も近いかもしれません。
当面は、主にイベントなどで使用しようと考えています。

[2016/12/05 追記]
参考にされる場合、抵抗およびCRDの値は、使用するLEDの定格内の電流になるようにご注意ください。
定格を超えての使用は、最悪の場合、発熱・発火により、車両を損傷することがあります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する