にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年11月19日(土)から20日(日)にかけて、品川駅で線路切換工事が行われた初日の様子からのつづきです。

上野東京ライン(東海道線)の運休区間の中で、列車の発着が全くなくなってしまった新橋駅では、東海道線ホームへ上がれないように、入口が閉鎖されました。
(写真1 新橋駅 東海道線ホームへの階段下)
新橋駅 東海道線ホームへの階段下

品川駅以南の東海道線上り列車は、品川ゆきとなました。
(写真2 川崎駅 東海道線の列車案内)
川崎駅 東海道線の列車案内

列車の行先表示器も「品川」を表示しています。
(写真3 東海道線 品川ゆき表示)
東海道線 品川ゆき表示

そして、少し遅い時間になり、画像が鮮明ではありませんが、用事の合間に京浜東北線の車内から工事の様子を撮りました。
再開発工事エリア内は、いつもより、とても多くの車両がとめられていました。
(写真4 普段よりも非常に多い工事エリア内の車両)
普段よりも非常に多い工事エリア内の車両

運転を取りやめた直後と同じく、数カ所に集中して、作業をする人々が集まっています。
(写真5 作業に関わる人々と作業用車両の集合)
作業に関わる人々と作業用車両の集合

事前にJR東日本から発表のあった工事箇所の一つでも、多くの人員を動員して、作業が行われていました。
(写真6 品川駅線路切換 工事箇所の様子から)
品川駅線路切換 工事箇所の様子から

もどりの列車から、遅い時間にも投光器で照らして作業が行われている様子がみられました。
20日には、無事作業も終わったようで何よりです。

再開発や新駅の開業向けて、まだ、いろいろな工事が行われると思いますが、引き続き記録ができればと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する