にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
Nゲージ(鉄道模型)のベッド・テールライトや室内灯をチェックして、チラツキなど問題ある車両の台車集電板(KATO)の清掃作業をしました。
なかでも、少しさび付いていて、クリーニング液だけでは改善しないものについては、タミヤのクラフト綿棒と、コンパウンドを使って、念入りにさびも落として、車軸を受けるくぼみの奥までピカピカにしました。
(写真 KATO 台車集電板 さび取り・清掃作業)
KATO 台車集電板 さび取り・清掃作業

今回の対象は、KATOの103系から。京浜東北線と南武線です。
さびを落とした後は、軸受け部分に、集電の向上とさび(酸化)防止をかねて、接点復活王(サンハヤト)をぬり、膜をつくるようによく拭きとりました。

走行させて問題がなければ、そのまま完了です。
もし、チラツキが残るようであれば、そのまま少し走行させた後、再度、(何も塗っていない)クラフト綿棒で拭き取りを行って仕上げます。

1両だけ集電シューの調整も必要な車両もありましたが、基本的には台車の清掃がきちんとできれば、ライト系のチラツキなどの問題は解消すると思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する