にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の22回目です。

まずは、東急電鉄の自由が丘駅を再現した「東京電機大学高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東横線と大井町線が交差するホームと街の様子がよくできていると思います。
(写真1 東京電機大学高等学校 鉄道研究部)
東京電機大学高等学校 鉄道研究部

つぎは、“朝凪”というタイトルの「共立女子高等学校 地理歴史部」の作品です。
鉄橋には、185系が見えましたので、東海道線(神奈川)かと思いましたら、千葉だそうです。
(写真2 共立女子高等学校 地理歴史部)
共立女子高等学校 地理歴史部

浜金谷の漁港がモデルとなっているとのことで、JR内房線ということになります。
(写真3 漁港を中心としたモジュール)
漁港を中心としたモジュール

実際に漁船に乗せてもらうなど、ジオラマを製作する上で、しっかりと調査されたようですが、いろいろな角度から見て楽しめるようにも作られています。
(写真4 駅の反対側のシーン)
駅の反対側のシーン

つづいては、大洗をテーマにした「岩倉高等学校 鉄道模型部」の作品です。
特徴ある建物などが、随所に作られています。
(写真5 岩倉高等学校 鉄道模型部)
岩倉高等学校 鉄道模型部

人気の旅館なども再現されています。
(写真6 大洗をテーマにしたモジュール から)
大洗をテーマにしたモジュール から

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する