にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
TOMIX(鉄道模型・Nゲージ)209系京浜東北線は、1編成目の新品・新古品に対して、ジャンクの組み合わせと中古で集めて、お安くまとめた2編成目も10両揃いました。
この編成は、大部分を旧製品から、更新後の窓や新集電(最新製品と同じ仕様)化もしています。
(写真1 TOMIX 209系0番台 京浜東北線 モハ209+モハ208)
TOMIX 209系0番台 京浜東北線 モハ209+モハ208

集めていく中で、最終タイプのモハ209の動力・FW(フライホイール)と、旧製品のモハ208の動力・非FWの、2つのモーター車となったため、協調運転できるように調整しました。
(写真2 TOMIX 209-0系 新旧の動力車のモハ209+モハ208)
TOMIX 209-0系 新旧の動力車のモハ209+モハ208

一度、動力を分解して、念入りに清掃を行い、集電をしっかりさせたり、旧動力台車を黒色車輪に交換するなどして、走行を安定させました。
ただし、超スローは、非FWの場合はさすがに難しいので、そのときはFWの動力が押したり、引きずるようになります。
しかしながら、ぎくしゃくしたり、脱線するようなことはなくなりました。
(写真3 TOMIX 209-0系 新旧の動力比較)
TOMIX 209-0系 新旧の動力比較

2編成目の先頭車も、最新タイプの車両番号が小さい印字のものを集められ、1編成目や先頭車だけの(旧)車両同様に、ヘッド・テールライトのLED化と、前面方向幕の白色LED点灯化を合わせて行いました。
(写真4 ライトLED化・方向幕白色点灯化済みの先頭車)
ライトLED化・方向幕白色点灯化済みの先頭車

これで、209系同士のすれ違い運転もできるので、楽しみが広がります。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する