にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の20回目です。

1校目は、 東急世田谷線上町駅をモデルにしたという「神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部」の作品です。
ホームの前には、検車区もあり、いろいろな要素が詰め込まれたモジュールです。
(写真1 神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部)
神奈川県立神奈川工業高等学校 鉄道研究部

モデルは世田谷線とのことですが、看板類は京浜急行のデザインとなっています。
また、カーブのホームにて車中の車両を見ると、架線が張られていることもあり魅力的です。
(写真2 モデルは上町駅のジオラマ)
モデルは上町駅のジオラマ

2校目は、JR奈良駅を再現した「国立奈良工業高等専門学校 機械研究会」の作品です。
一目で“奈良駅”とわかるほど、しっかりと作られています。
(写真3 国立奈良工業高等専門学校 機械研究会)
国立奈良工業高等専門学校 機械研究会

奈良市総合観光案内所となっている旧駅舎もすてきです。
(写真4 旧奈良駅舎)
旧奈良駅舎

3校目は、鎌倉駅をモジュールにした「湘南工科大学付属高等学校 鉄道研究部」の作品です。
江ノ電側からの鎌倉駅で、JR横須賀線の車両は、なつかしい113系も並べられていました。
(写真5 湘南工科大学付属高等学校 鉄道研究部)
湘南工科大学付属高等学校 鉄道研究部

4校目は、“現代における疲れと形式美”をコンセプトにしたという「明治学院高等学校 鉄道研究会」の作品です。
中心を境に、左右で街の様子を作り分けています。
ちなみに、都営バスも、左は旧型、右は現在の塗装となっています。
(写真6 明治学院高等学校 鉄道研究会)
明治学院高等学校 鉄道研究会

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する