にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
製作中の新しい鉄道模型用コントローラーに合わせて、改修を進めていた大電流対応コントローラーの作業が完了しました。
PWM(パルス)とシリーズ(電圧可変)式、両方の保護回路強化と、その他機能の調整を行いました。
(写真1 改修完了のコントローラーとNゲージ209系京浜東北線)
改修完了のコントローラーとNゲージ209系京浜東北線

このコントローラーは、数年前に完成したときから、ブラス製の16番・HO(16.5mm)などで複数の動力車を動かせる大電流(3A)対応となっています。
(写真2 16番・HO 103系京浜東北線)
16番・HO 103系京浜東北線

改修のメインの保護回路強化は、軌道上で短絡(ショート)した場合に、直ちに給電を停止し、短絡した側のLEDが緑色から赤色にかわり知らせるようになっています。
(写真3 短絡時に給電を停止したコントローラー ランプ 緑→赤)
短絡時に給電を停止したコントローラー ランプ 緑→赤

このほか、出・入力や外部回路計測の電圧表示選択を簡単にしたり、シリーズ(電圧可変)式のコントロールを、モーターの起動電圧まで早く上がるような回路にしました。

なお、PWM(パルス)式については、もとから、動力車に合わせて周波数の変更ができるようになっていますので、一般的なコントローラとしてだけではなく、鉄道模型車両や線路の計測機器としても活用できます。

今回の改修での新回路の成果を、新しいコントローラーに生かしていきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する