にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の17回目です。

まずは、北陸本姓の倶利伽羅トンネル付近を再現した「開智中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
これからシーズンを迎える冬の雪景色となっています。
(写真1 開智中学・高等学校 鉄道研究部)
開智中学・高等学校 鉄道研究部

雪が積もっている様子も、ほんとうによくできていて、とてもリアルです。
(写真2 倶利伽羅トンネル付近のジオラマから)
倶利伽羅トンネル付近のジオラマから

つぎは、京成線・東京メトロ千代田線 町屋駅(都電荒川線 町屋駅前)付近をイメージした「千葉英和高等学校 メカトロ倶楽部(写真部)」の作品です。
本線が、線路や川と交差するなど、配置もいい感じです。
(写真3 千葉英和高等学校 メカトロ倶楽部)
千葉英和高等学校 メカトロ倶楽部

そして、中央に配置されている銭湯は、屋根を外すと中がちゃんと作られているという、おもしろい仕掛けがあります。
(写真4 京成線町屋駅をイメージしたシーン)
京成線町屋駅をイメージしたシーン

つづいては、JR高崎線と秩父鉄道の立体交差を再現した「埼玉県立熊谷工業高等学校 電気研究部」の作品です。
列車の交差するシーンは、とても迫力があります。
(写真5 埼玉県立熊谷工業高等学校 電気研究部)
埼玉県立熊谷工業高等学校 電気研究部

情景の中には、こちらも仕掛けがあり、ぶれているロードローラーは動くため、そのように写っています。
(写真6 JR高崎線と秩父鉄道の立体交差のジオラマ)
JR高崎線と秩父鉄道の立体交差のジオラマ

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する