にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の10回目です。

まずは、東海道本線(JR東海)由比~興津間のさった(薩埵)峠をモデルにした「広尾学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
東海道線のほか、国道1号線・東名高速が通り、海や富士山が見える場所で、展望台などもあるところです。
(写真1 広尾学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
広尾学園中学校・高等学校 鉄道研究部

ジオラマでは、山の上に見えるミカン畑に、ミカン運搬用のモノレールまで再現されています。
(写真2 高速道路とミカン畑)
高速道路とミカン畑

このほか、道路の斜面を工事すめシーンなどもつくらていて、見所がたくさんあります。
また、各シーンの写真も撮影しやすい配置になっていました。
(写真3 道路斜面の工事シーン)
道路斜面の工事シーン

つづいては、“北関東の田園風景”というタイトルの「国立小山工業高等専門学校 模型同好会」の作品です。
平地に、田んぼや畑が広がるのどかな景色が作られています。
(写真4 国立小山工業高等専門学校 模型同好会)
国立小山工業高等専門学校 模型同好会

モジュールの中心を通る線路は、JR高崎線の115系と107系のすれ違いシーンとなっていました。
(写真5 JR高崎線115系と107系)
JR高崎線115系と107系

3校目は、西武国分寺線恋ヶ窪駅付近を再現した「城西大学付属城西高等学校 物理部」の作品です。
シンプルですが、歩道橋の高さを合わせるなど、こだわりを持って作られています。
(写真6 城西大学付属城西高等学校 物理部)
城西大学付属城西高等学校 物理部

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の記録は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する