にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の9回目です。

はじめは、リアルな街並みと近鉄の車両がある「灘中学校・灘高等学校 鉄道研究部」の作品です。
情景全体もバランスよく配置されています。
(写真1 灘中学校・灘高等学校 鉄道研究部)
灘中学校・灘高等学校 鉄道研究部

小さな川のあたりを見てみると、川沿いの道路や住宅に生活感があり、引き込まれていきます。
(写真2 リアルな街並み)
リアルな街並み

2校目は、JR埼京線(赤羽線)の十条駅を再現した「埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会」の作品です。
上下線ともに列車がいて、踏切が閉まっています。
(写真3 埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会)
埼玉県立大宮工業高等学校 鉄道愛好会

駅のまわりのビルもつくられています。また、埼玉だけに国際興業のバスが踏切が開くのを待っていました。
(写真4 JR十条駅)
JR十条駅

3校目は、京浜急行線の黄金町駅を再現した「関東学院中学校高等学校 鉄道研究部」の作品です。
細かくは作っていませんが、黄金町駅の雰囲気はよく出ていると思います。
(写真5 関東学院中学校高等学校 鉄道研究部)
関東学院中学校高等学校 鉄道研究部

4校目は、“山陽路 ~入野駅~”というタイトルの「藤嶺学園藤沢中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
国道で清掃作業をする人々がいたり、手前にはロケをしているようなシーンがあり、いろいろとこだわりを感じる作品です。
(写真6 藤嶺学園藤沢中学校・高等学校 鉄道研究部)
藤嶺学園藤沢中学校・高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の記録は、さらに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する