にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の4回目です。

1校目は、東武鉄道と西武鉄道がクロスする“人と時が交差する街 川越”というタイトルの「世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会」の作品です。
(写真1 世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会)
世田谷学園高等学校 鉄道研究同好会

一段高い位置にも、駐車場や踏切などの情景があり、さらに音も出る構成となっています。
(写真2 人と時が交差する街 川越)
人と時が交差する街 川越

2校目は、田舎の風景の中を貨物列車が通過する「慶應義塾高等学校 鉄道研究会」の作品です。
“田園風景”というタイトルがつけられていて、作品と説明文の両方で、田舎の風景の良さを伝えています。
(写真3 慶應義塾高等学校 鉄道研究会)
慶應義塾高等学校 鉄道研究会

情景の細かな作りのほか、架線がきれいに張られていて、情景を引き立てています。
(写真4 田園風景)
田園風景

3校目は、JR山手線の田端~駒込付近を再現した「上野学園高等学校 鉄道部」の作品です。
コーナー部分のモジュールを上手に使っているほか、LED照明なども点灯していました。
(写真5 上野学園高等学校 鉄道部)
上野学園高等学校 鉄道部

4校目は、箱根登山鉄道の塔ノ沢駅を再現した「城北埼玉高等学校 鉄道研究部」の作品です。
駅の特徴をしっかり表現していると思います。
(写真6 城北埼玉高等学校 鉄道研究部)
城北埼玉高等学校 鉄道研究部

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の記録は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する