にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の3回目です。

はじめは、京急と鶴見線が一緒になっている“昭和から平成へ”というタイトルの「神奈川大学付属高等学校 技術家庭科部」の作品です。
(写真1 神奈川大学付属高等学校 技術家庭科部)
神奈川大学付属高等学校 技術家庭科部

沿線で見たことがあるような景色が作られていて、モジュールとしてもしっかりと作られています。
駅の前には、相鉄バスもとまっています。
(写真2 昭和から平成へ 京浜急行と鶴見線)
昭和から平成へ 京浜急行と鶴見線

つづいては、“郷愁の旅路”とタイトルで、JR鹿児島線の広木~上伊集院間の風景をモチーフにしたという「ラ・サール高等学校 鉄道研究会」の作品です。
(写真3 ラ・サール高等学校 鉄道研究会)
ラ・サール高等学校 鉄道研究会

いろいろなところが、とてもリアルに作られていますが、中でも落石防止ネットなどの作りは印象に残りました。
(写真4 JR鹿児島線の風景より)
JR鹿児島線の風景より

つぎは、京王井の頭線と交差する下北沢駅をテーマにした“小田急線下北沢駅の今昔”というタイトルの「日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真5 日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部)
日本大学第三中学校・高等学校 鉄道研究部

小田急線の地下化の様子がわかるようなジオラマで、新しくでき地下ホームには、東京メトロ千代田線16000系の車両がありました。
(写真6 小田急線下北沢駅の今昔)
小田急線下北沢駅の今昔

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は、まだ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する