にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門の2回目です。

まずは、スイッチパックする“JR篠ノ井線姨捨駅”を再現した「海城高等学校 鉄道研究会」の作品です。
(写真1 海城高等学校 鉄道研究会)
海城高等学校 鉄道研究会

JR中央線経由で名古屋まで行ったときに、姨捨駅を通りましたが、とてもきれいなところで、このモジュールも、この駅の魅力をしっかりと表現していると思います。
(写真2 JR篠ノ井線 姨捨駅)
JR篠ノ井線 姨捨駅

つづいては、“原爆ドームと灯篭の流れる元安川”というタイトルの「広島城北中学・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
原爆ドームは暗い部分として、明暗の使い分けやコーナーを上手に利用しています。
(写真3 広島城北中学・高等学校 鉄道研究部)
広島城北中学・高等学校 鉄道研究部

テーマも、何か大切なことを忘れていることをあらためて感じさせてくれることや、会場での案内もしっかりとしていて、とてもすばらしかったです。
(写真4 原爆ドームと灯篭の流れる元安川)
原爆ドームと灯篭の流れる元安川

3校目は、“東急線 旗の台駅”を再現した「攻玉社中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
(写真5 攻玉社中学校・高等学校 鉄道研究部)
攻玉社中学校・高等学校 鉄道研究部

時々同駅を利用することもあり、モジュールを見たときに一目でわかるほど、特徴をよく捉えていると思いました。
大井町線と池上線の立体交差もつくられています。
(写真6 東急大井町線・池上線 旗の台駅)
東急大井町線・池上線 旗の台駅

鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテスト~モジュール部門は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する