にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月7日(土)~8日(日)の2日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された、鉄道模型コンテスト2016・第8回全国高等学校鉄道模型コンテストから1畳レイアウト部門の1回目です。

鉄道模型コンテストからは、参加団体(校)がとても多いことと、写真の撮影状況などから、すべての参加学校(団体)をご紹介できませので、あらかじめご了承ください。

1畳レイアウト部門の最初は、東急・田園都市線、溝の口駅~長津田駅 開通50周年記念作品の「東京都立大崎高等学校」のレイアウトです。
(写真1 東京都立大崎高等学校)
東京都立大崎高等学校

新しくなったたまプラーザ駅や、開発途中の様子など、一目で田園都市線とわかる情景などよく作られてます。
(写真2 たまプラーザ50年の夢)
たまプラーザ50年の夢

つづいては、JR西日本の“京都鉄道博物館”のレイアウトを製作した「京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
こちらも、すぐにわかるほど、特徴を捉えてまとめていると思います。
(写真3 京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
京都共栄学園中学校・高等学校 鉄道研究部

3校目は、“みなとみみらいものがたり”と題された「桐蔭学園中学校・高等学校 鉄道研究部」の作品です。
根岸線(京浜東北線)の桜木町駅周辺の景色を、上手にぎゅっと詰め込んだようなレイアウトです。
(写真4 桐蔭学園中学校・高等学校 鉄道研究部)
桐蔭学園中学校・高等学校 鉄道研究部

4校目は、“日本の山を登る”という作品名で、箱根登山鉄道や京阪電鉄京津線など4カ所の山を登る鉄道の路線からの情景を再現した「日本工業大学 駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会」の作品です。
まとめても違和感のない作りで、山の景色を楽しむことができます。
(写真5 日本工業大学 駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会)
日本工業大学 駒場中学・高等学校 鉄道研究愛好会

5校目は、ダムを表現した「芝中学校・芝高等学校 技術工作部」の作品です。
シンプルですが、力強さを感じる作品だと思います。また、山の上の情景には、人や動物なども配置されています。
(写真6 芝中学校・芝高等学校 技術工作部)
芝中学校・芝高等学校 技術工作部

鉄道模型コンテスト2016~1畳レイアウト部門は、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する