にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年8月19日(金)~21日(日)の3日間、東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催された「第17回 国際鉄道模型コンベンション」より、一部撮影できた出展からの3回目です。

今回は、「会津ヨシ!」の皆さんの作品からです。
2年前ぶりに、この会場で遠くから立体的な展示を見ましたが、そのときは出展内容を見ることができなかったので楽しみでした。
(写真1 会津ヨシ!の出展から)
会津ヨシ!の出展から

これまでに見たこのあるジオラマも、以前とは違った展示になると雰囲気が変わります。
また、ブロックやその他おもちゃなどとも一緒に展示していても、違和感なくすてきに魅せるところはすごいと思いました。
(写真2 鉄道模型とおもちゃなどが共存する展示)
鉄道模型とおもちゃなどが共存する展示

つづいては、ブログでもご紹介していただいた「京急押入線」さん(相互リンク)の作品です。
今回のコンベンションに向けて製作がはじまった京浜急行線「神奈川駅」のモジュールは、京浜東北線などの併走するJR線の線路も敷かれ、短期間のうちに出展できるところまで仕上がっていました。
(写真3 京急押入線~神奈川駅モジュール)
京急押入線~神奈川駅モジュール

また、すでに発表されている「大師線港町カーブ」のモジュールは、その後出展を重ねるごとに、細かいところに手が入り、作品の完成度が上がっていました。
(写真4 大師線港町カーブのモジュール作品)
大師線港町カーブのモジュール作品

そして、所属されている団体の代表の方の作品も案内していただきました。
“北の地をイメージした駅”のモジュールです。ローカルな風景を作り込んだ作品は、見ていて心が安らぎます。
(写真5 北の地をイメージした駅のモジュール作品)
北の地をイメージした駅のモジュール作品

このほかにも、メンバーの方々のすてきな作品がたくさん展示されていましたが、中には気むずかしい方もいらっしゃるようなのと、京急押入線さんのブログで、メンバーの皆さんの作品を詳しく説明して掲載されているので、そちらをご覧いただいただければ、すてきな写真とともに、作品の趣旨なども正確に伝わるかと思います。

あと、ほかにもいくつかお話を伺いながら、実演までしていただいた出展団体もありましたが、写真の関係などで、申し訳ないと思いつつ掲載を見送ることにしました。

今年は、少ないながらも、メンバーの協力により、前年よりも他の出展も見ることができてよかったと思っています。
もっとたくさん見たいとこもありましたので、来年は、一般来場者としてゆっくりまわるか、または、さらにゆとりを持った出展ができるようにしたいと考えています。
(写真6 来年のコンベンションも東京ビッグサイトで開催)
来年のコンベンションも東京ビッグサイトで開催

来年、2017年も、お盆明けの週末(金・土・日)3日間に、東京ビッグサイトで、「国際鉄道模型コンベンション」の開催が告知されています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する