にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
昨日、2016年8月27日(土)に、JR東日本の東京総合車両センターにて、夏休みフェア2016が開催されました。

昨年と一昨年は、国際鉄道模型コンベンション(JAM)と日程が重なり、イベントに行くことができませんでしたので、ぜひ今年はということで、体調が完全にもどらない中、時間を短くして出かけてきました。
このため、会場の様子も2回程度で簡単にまとめます。
(写真1 東京総合車両センター 夏休みフェア2016 から)
東京総合車両センター 夏休みフェア2016 から

まず、本年の展示車両は、事前に予告のあった横浜線、京葉線、湘南新宿ライン・上野東京ライン、中央線のいずれもE233系です。
珍しい車両や、引退間近の車両展示がないのは、ちょっと残念な気がしないでもないところです。
(写真2 車両展示 E233系)
車両展示 E233系

東京総合車両センターの名称が入ったかわいい事業用車(ディーゼルエンジンの軌道モーターカー)も、屋外の隅っこにとまっていました。
(写真3 東京総合車両センターの軌道モーターカー)
東京総合車両センターの軌道モーターカー

屋内には、入場中の近郊形タイプのE231系がありました。
(写真4 E231系 近郊形)
E231系 近郊形

山手線のE231系500番台も、いつもとはちがった場所では新鮮な感じがします。
(写真5 E231系500番台 山手線)
E231系500番台 山手線

試乗会では、相模線の205系が予定されていたものの、前日の台風の影響などでE233系へと変更されてしまいました。
(写真6 試乗会のE233系と湘南新宿ライン)
試乗会のE233系と湘南新宿ライン

東京総合車両センター 夏休みフェア2016からの様子は、あと1回くらいで簡単に記録していく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する