にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年7月27日から、東京・銀座の松屋銀座8階イベントスクエアではじまった「第38回鉄道模型ショウ2016」の初日の様子からです。イベントは、8月1日(月)まで開催されます。

今回は、トミーテックコーナーの1回目です。
(写真1 第38回 鉄道模型ショウ2016~トミーテックコーナー)
第38回 鉄道模型ショウ2016~トミーテックコーナー

トミーテックからはいつも通り、いろいろなジャンルやブランドで、たくさんの発売が予定されています。
(写真2 トミーテック 発売予定品ポスター)
トミーテック 発売予定品ポスター

まず、コーナーに入ってすぐに目にとまったのは、ジオコレの展示で、「ジオコレの世界をのぞいてみよう!」で、“写真OK”のマークも目立ちます。
おもちゃショーの「プラレール」展示では、同じグループなのに、これとは反対に“撮影禁止”のマークが目立ち、とても対照的です。
(写真3 ジオコレの世界をのぞいてみよう!)
ジオコレの世界をのぞいてみよう!

製品を簡単に配置しただけでも、かなりリアルな感じです。
(写真4 ジオコレの世界をのぞいてみよう!をのぞいてみた様子)
ジオコレの世界をのぞいてみよう!をのぞいてみた様子

このほかにも、ジオコレを使ったジオラマがいくつもあり、「釣り堀のある公園の風景」などは、いいなと思った展示の一つです。
(写真5 釣り堀のある公園の風景)
釣り堀のある公園の風景

製品紹介の展示も、ライトの使い方など工夫しています。
(写真6 ジオコレの展示から)
ジオコレの展示から

さらに、“ジオラマ製作実演中”ということで、ジオコレの魅力をアピールしていました。
(写真7 ジオコレ~ジオラマ製作実演中)
ジオコレ~ジオラマ製作実演中

そして、運転台のようなコントローラーや合成まくら木を再現したポイントなど、新しい製品をセットにしたマイプランも展示されていました。
(写真8 マイプランの新セット)
マイプランの新セット

車両の発売予定品など、トミーテックのコーナーへはつづきます。

第38回 鉄道模型ショウ2016は、8月1日(月)まで開催しています。
(URL 松屋銀座~第38回 鉄道模型ショウ2016)
http://www.matsuya.com/m_ginza/sp/20160727_train2016_8es.html

会場へは、東京メトロ 銀座線・丸ノ内線・日比谷線「銀座駅」(最寄り)、東京メトロ 有楽町線「銀座一丁目駅」徒歩約3分、都営浅草線「東銀座駅」徒歩約3分、JR山手線(日中、京浜東北線は通過)「有楽町駅」徒歩約8分です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する