にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する9回目です。

話題は、「ジオラマ・シミュレーター」コーナーに移っていきますが、一部、「東急コレクション」コーナーの補足を掲載します。
(写真1 鉄道模型 1/80 16.5mm 東急5000系・8500系)
鉄道模型 1/80 16.5mm 東急5000系・8500系

このレイアウトは、1/80 16.5mm(HO・16番)の少し大きめな鉄道模型が走行します。
車両には車載カメラがあり、実車を運転するような気分で、運転を楽しむことができます。
(写真2 運転台と車載カメラのモニターがついたコントローラー)
運転台と車載カメラのモニターがついたコントローラー

このコーナーについては、 実は、リニューアル前とあまりかわっていません。
(写真3 リニューアル前の同コーナー)
リニューアル前の同コーナー

しかし、レイアウトの周囲の展示が大きくかわりました。
(写真4 リニューアル後のジオラマ・シミュレーターコーナー)
リニューアル後のジオラマ・シミュレーターコーナー

ここで、前回記事の補足を掲載します。
文章だけだあった「東急コレクション」~東急電鉄の制服などの展示写真です。
(写真5 東急コレクション~東急電鉄の制服)
東急コレクション~東急電鉄の制服

制服の下には、胸章や襟章なども展示しています。
(写真6 胸章・襟章など)
胸章・襟章など

次回の電車とバスの博物館の話題は、ジオラマ・シミュレーターコーナーを続ける予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する