にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する8回目です。

鉄道模型の「Nゲージパーク」から、「東急コレクション」コーナーにもどって、駅名標など過去に駅や列車などに使われていたものの
展示です。
(写真1 駅名看板・路線図などの展示)
駅名看板・路線図などの展示

少し前に、新旧の交代があった検測車のヘッドマークです。
(写真2 検測車のヘッドマーク)
検測車のヘッドマーク

駅で使うカンテラや、列車のダイヤなどもあります。
(写真3 カンテラなど)
カンテラなど

このほか、レール締結式の記念品など、普段は目にしないようなものまで展示しています。
(写真4 レール締結式記念品)
レール締結式記念品

また、奥沢駅にあった“ほおづえ”は、リニューアル後も残っていました。
(写真5 奥沢駅にあった“ほおづえ)
奥沢駅にあった“ほおづえ”

制服などの展示もありましたが、ここから見える「ジオラマ・シミュレーター」コーナーへ移っていきます。
(写真6 ジオラマ・シミュレーターコーナー)
ジオラマ・シミュレーターコーナー

次回の電車とバスの博物館の話題は、鉄道模型 HO・16番(1/80 16.5mm)ゲージが走るレイアウトから(ジオラマ・シミュレーター)を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する