にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する7回目です。

Nゲージパークは、レイアウト内にたくさんの情景が作られています。
(写真1 Nゲージパークのレイアウト)
Nゲージパークのレイアウト

中には、大型の駐車場など、個人のレイアウトではなかなか設置しづらい、大きな建物も配置されています。
(写真2 大型の駐車場など)
大型の駐車場など

また、車両の方は短いながらも、“ヒカリエ号”がありました。
(写真3 ヒカリエ号)
ヒカリエ号

このほか、同じ線路規格で、長さを半分くらいにしたBトレインショーティーも、一緒に走行しています。
(写真4 東京メトロ・東急・横浜高速鉄道の車両など)
東京メトロ・東急・横浜高速鉄道の車両など

Bトレの一つに、初代5000系“青ガエル”もありました。
周回するばかりではなく、高架の駅で折り返すような設定もあったりします。
(写真5 高架の駅で折り返す初代5000系)
高架の駅で折り返す初代5000系

ちなみに、リニューアル前は、8090系の大きな鉄道模型があったあたりだと思います。
(写真6 リニューアル前にあった8090系の大きな鉄道模型)
リニューアル前にあった8090系の大きな鉄道模型

リニューアル後の「電車とバスの博物館」の話題は、もう少しつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する