にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する6回目です。

今回は、東急コレクション~旧高津駅の前に新しくできた「Nゲージパーク」からです。
(写真1 Nゲージパーク~田園都市線5000系)
Nゲージパーク~田園都市線5000系

比較的大きなレイアウトで、東急線関連のNゲージ(鉄道模型)を楽しむことができます。
(写真2 Nゲージパークの案内)
Nゲージパークの案内

みなとみらい線の「みなとみらい21地区(横浜)」は、特徴的な建物が再現されています。
(写真3 みなとみらい21地区のジオラマ)
みなとみらい21地区のジオラマ

一方、東京メトロへの乗り入れでは、実際の路線は地下となりますが、地上の東京タワーや都庁などがつくられています。
(写真4 東京タワーや都庁などがあるジオラマ)
東京タワーや都庁などがあるジオラマ

これは、さらに先に乗り入れていった路線(西武鉄道/東武鉄道)のイメージか?牧場もありました。
(写真5 牧場)
牧場

車両は、東急線のほか、東京メトロ半蔵門線などもあります。
(写真6 東京メトロ半蔵門線のNゲージなど)
東京メトロ半蔵門線のNゲージなど

次回の「電車とバスの博物館」の話題は、Nゲージパークの続きを予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する