にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する5回目です。

前回からの流れで、「東急コレクション」コーナーの鉄道模型ジオラマです。
(写真1 田園都市線の開通式典)
田園都市線の開通式典

溝ノ口駅で行われている田園都市線の開通式(1966年)の様子と、その下には、ぶどう色の旧型電車が停車しています。
(写真2 旧型電車と貨車)
旧型電車と貨車

昭和の時代を感じさせる駅周辺の風景です。
(写真3 昔の東急溝ノ口駅風のジオラマ)
昔の東急溝ノ口駅風のジオラマ

そして、ここからは、前回最後の写真と同じ、目蒲線・池上線 蒲田駅ジオラマのワンシーンからです。
(写真4 ジオラマから花屋)
ジオラマから花屋

駅には、貨車の姿もあります。
(写真5 貨車)
貨車

駅の脇にある空き地は、ドラえもんに出でくる公園と同じような土管が置かれています。
(写真6 空き地)
空き地

いずれのシーン(ジオラマ)も、演出はなくなりましたが、その代わり明るくなって、撮影できる場所も多くなりました。

「電車とバスの博物館」の話題は、他の話題を入れながら、しばらくつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する