にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
京急ファミリー鉄道フェスタの記事の関係で間が開きましたが、2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する3回目です。

今回は、予告の東急電鉄の歴史を、映像やパネルで紹介する「東急ヒストリーパノラマシアター」からです。
(写真1 パノラマシアター)
パノラマシアター

決められた時間になると大きなスクリーンに映像が映し出され、その下には、HO(1/80 16番)ゲージの鉄道模型のパノラマが広がります。
(写真2 パノラマシアター内の鉄道模型)
パノラマシアター内の鉄道模型

レイアウトを近くで見ると、保線車両の鉄道模型など、こだわりのシーンもたくさんあります。
(写真3 保線車両の鉄道模型)
保線車両の鉄道模型

車両も、現役の車両からなつかしい車両までたくさんそろっていて、楽しむことができます。
(写真4 現役の車両からなつかしい車両まで)
現役の車両からなつかしい車両まで

裏側には、「東急ヒストリー」のボードがあり、東急の歴史をわかりやすくしています。
(写真5 東急ヒストリー)
東急ヒストリー

さらに、モニターが埋め込まれていて、動画でも過去の様子を見ることができるようになっています。
(写真6 モニターの東横線・旧渋谷駅最終日など)
モニターの東横線・旧渋谷駅最終日など

「電車とバスの博物館」の話題は、他の話題を入れながら続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する