にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き9回目・最終回です。

物販コーナーへ一度飛びましたが、再びバス展示付近へもどります。
バスのとなりのコーナーは、「キャラクター大集合」となりました。小学生とその家族の限定は、今年もかわりません。
内容は、残念ながら見ていませんが、イベント終了後のSUPER BELL"Zの野月さんと、南田(マネージャー)さんの前には、2100形をした何かがありました・・・。
(写真1 キャラクター大集合コーナーから)
キャラクター大集合コーナーから

その前では、こちらもいつもと同じく、保線系の車両が並びます。「特殊車両展示」コーナーです。
一番遠くには、マルチプルタイタンパーもありました。
(写真2 マルチプルタイタンパー ほか)
マルチプルタイタンパー ほか

バス展示に近いところでは、軌道補修作業の実演も行われました。
(写真3 軌道補修作業実演)
軌道補修作業実演

各車両や保線作業についての解説が書かれたプレートもあり、内容を理解しやすくなっています。
(写真4 保線に関する解説が書かれたプレート)
保線に関する解説が書かれたプレート

車両をピックアップすると、架線作業車とクレーン付延線巻取車です。
(写真5 架線作業車/クレーン付延線巻取車)
架線作業車/クレーン付延線巻取車

このほか、架線検測車なども展示されていました。
いずれも、軌陸兼用作業車(軌陸車)です。
(写真6 架線検測車)
架線検測車

最後に、まとめ的な感じで、久里浜工場から、京急久里浜駅までの「お帰り臨時列車」は、今年もありました。
(写真7 新1000形ステンレス車によるお帰り臨時列車)
新1000形ステンレス車によるお帰り臨時列車

それから、車両撮影コーナーの800形は、少し離れたところからの方が、きれいに撮れたかもしれません。
(写真8 京浜急行800形)
京浜急行800形

京急ファミリー鉄道フェスタ2016からの話題は、これで終わりです。
また、来年も一般の人も参加できる形で、継続・開催されればと願っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する