にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き8回目です。

今年も、グループ会社のバス展示がありました。
川崎駅や鶴見駅周辺と、東急東横線沿線の一部など、ごく限られた範囲で見られる臨港バスは、京急沿線の方でも珍しいバス会社かもしれません。
(写真1 川崎鶴見臨港バス)
川崎鶴見臨港バス

その臨港バスと横浜市営バスが主の地域を除けば、京急沿線のほとんどのところで見られる京浜急行バスです。
(写真2 京浜急行バス)
京浜急行バス

今年は、バス展示の近くで、鉄道模型メーカーのKATOがミニジオラマを出展していました。
(写真3 鉄道模型メーカー KATO)
鉄道模型メーカー KATO

同社のショールーム前にある230形の模型が走行していました。
久々に、2100形も含めた京急の模型車両を発売して少し経ちますが、PRに必死なようです。
(写真4 KATOのジオラマと230形)
KATOのジオラマと230形

ここで、いったん場所が飛びますが、物販コーナーでは、京急プラレールのトリプルセットなどの先行販売がありました。
(写真5 京急プラレール トリプルセット)
京急プラレール トリプルセット

今回も多くの私鉄各社が出展していましたけれど、関西の電車のプラレールや鉄コレなどのくじは楽しそうでした。
(写真6 楽しそうな電車くじ)
楽しそうな電車くじ

「京急ファミリー鉄道フェスタ」の話題はあと1回でまとめます。

次回は、KATO 103系(鉄道模型・Nゲージ)の京葉線の方向幕シールを一部手直ししたのと、武蔵野線の方向幕も完成しましたので、その話題を掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する