にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き7回目です。

前回からの順路で、再び車両撮影コーナーです。
初回の写真では、遠くに小さく写っていた2000形は、となりに新1000形1800番台か並び、交代を告げているようです。
(写真1 車両撮影から2000形と新1000形1800番台)
車両撮影から2000形と新1000形1800番台

そして、こちらは以前から定番で、小学生以下限定の「運転台撮影」コーナーです。
今年も、新1000形ステンレス車でした。
(写真2 運転台撮影の新1000形ステンレス車)
運転台撮影の新1000形ステンレス車

同じく、小学生以下限定の「信号機操作体験」コーナーです。
他社さんのイベントでは、大人も結構体験させてもらえるのでいいかなと思いますが、小学生以下限定、かつ事前応募制(抽選)も多く、当たらなかったご家族が残念がっている声を多く聞き、こちらの方がより気になるところです。
(写真3 信号機操作体験)
信号機操作体験

そして、毎度と思いつつも、「保存車両展示」コーナーも撮影です。
(写真4 保存車両展示)
保存車両展示

先日発表された横浜への本社移転で併設されるミュージアムには、旧1000形と保存車両のどちらかの絵に見えましたが、実際に完成したときにはどうなるのか楽しみです。
移転が近くなれば、おそらく具体的な発表があると思われます。
(写真5 デ51形側面)
デ51形側面

保存車両いえば、お約束の?“軌道自転車”です。
説明が書かれたプレートがちゃんと設置してあるところがなかなかです。
(写真6 軌道自転車)
軌道自転車

あと数回、「京急ファミリー鉄道フェスタ」の話題はつづきます。

次回は、KATO 103系(鉄道模型・Nゲージ)の京葉線の方向幕シールが完成しましたので、その話題を掲載する予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する