にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き5回目です。

今回は、特修工場からスタートです。
今年も、都営浅草線の5300形の姿がありました。
(写真1 特修工場内の都営浅草線5300形)
特修工場内の都営浅草線5300形

となりでは、2100形が更新工事を受けています。
近くに5300形がいるため、アイボリーの色がはっきりとわかります。
(写真2 更新中の京浜急行2100形)
更新中の京浜急行2100形

特修工場は以前、トラバーサーとのきれいな写真が撮れましたけれど、休憩スペースになってからは、残念ながら絵にならなくなってしまいました。
(写真3 休憩スペース)
休憩スペース

特修工場といえば、秘密のコーナーのように、RFCによる鉄道模型の走行会が行われていました。
こちらも、今年から小学生以下(と保護者)のみで、事前の応募が必要なコーナーとなりました。
(写真4 RFC 鉄道模型 京急線の1日)
RFC 鉄道模型 京急線の1日

主工場にもどって、大人も体験できる数少ないコーナーの一つに、新1000形アルミ車を使用しての非常はしご体験がありました。※先着順
(写真5 非常はしご体験 新1000形)
非常はしご体験 新1000形

そして、もう一つ1500形の前で記念撮影ができるフォトスポットです・・・。
(写真6 フォトスポット 1500形)
フォトスポット 1500形

京急ファミリー鉄道フェスタ2016 からは、他の話題を入れながら、もう何回かつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する