にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
今年(2016年)も、「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」に合わせて、京急久里浜駅にあるウイング久里浜にて、「ウイング久里浜 鉄道まつり2016」が開催されました。

数年前に、プラレールがらみでいろいろとあったようで(当方は関係ありません。)、形を変えながらの展示が行われてきましたが、ついに今年は、プラレールレイアウトの展示自体がなくなりました。
(写真1 ウイング久里浜 鉄道まつり2016 から)
ウイング久里浜 鉄道まつり2016 から

かわりに充実していたのが、鉄道模型です。
Nゲージのレイアウトも大きなものがあり、飛行機も飛んでいます。
(写真2 鉄道模型 Nゲージレイアウト)
鉄道模型 Nゲージレイアウト

Bトレインショーティーも、Nゲージ(鉄道模型)化されて、京浜急行の車両が充実していました。
(写真3 京急のBトレインショーティー)
京急のBトレインショーティー

鉄道模型以外では、「線路・バラスト・枕木」の展示コーナーは、しくみを知る機会としてよいと思いました。
(写真4 線路・バラスト・枕木の展示)
線路・バラスト・枕木の展示

ただ、お子さんたちには、あまり人気がないようですが・・・。
(写真5 線路敷設の方式)
線路敷設の方式

このほかには、おとどけいきゅう鮫洲店にある旧1000形の運転台、カプセルトイ(ガシャポン)コーナーなどとなっていました。
今年も、大盛況のイベントでした。
(写真6 イベント案内とのぼり)
イベント案内とのぼり

なお、プラレールの環境は、相変わらずなかなか大変そうです。
そのかわり、京急からは、プラレール車両のラインナップを充実しているほか、プラレールアドバンス、カプセルプラレールまで製品化され、さらなる充実がはかられます。

改造プラレールには、かなり手を焼いているようですので、数年前から当方では、自粛という形で、新規には京急プラレールの改造を行わないほか、掲載も大部分を取りやめました。
いつかのイベントでも、お子さんが一生懸命“改造プラレールの動画”について社員さん訴えていましたけれど、それはうちの動画ではありません・・・。誤認には、本当に泣かされています。

お子さんたちに楽しんでもらえるようがんばっているようですので、ぜひ、“おとどけいきゅう”などで、製品をお買い求めいただければと思います。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する