にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」の続き2回目です。

年々、小学生以下に限定したコーナーが露骨に増えていくのは、他社の同様なイベントと比べても目立ちますが、そんなコーナーの一つから「側面表示器操作体験」です。
(写真1 側面表示器操作体験コーナーから)
側面表示器操作体験から

実際に指令器を操作して、方向幕などの表示をかえる体験するもので、順番を待つ間にもいくつかの展示があります。
(写真2 エアポート快特 佐倉 など)
エアポート快特 佐倉 など

足下で、目立ちにくいところになりますが、「密着廻り子式連結器」です。
(写真3 密着廻り子式連結器)
密着廻り子式連結器

また、増解結が簡単にできるようになった「電気連結器」や、揺れを緩和する「緩衝装置」の展示もありました。
(写真4 電気連結器)
電気連結器

そして、少し前に話題になった“けいきゅん”の表示も見られました。
(写真5 けいきゅんの表示)
けいきゅんの表示

このほか、ワンハンドルマスコンを実際に触ってみたり、内部の機器が見えるようにカバーが外された状態のものもありました。
(写真6 運転台とワンハンドルマスコン)
運転台とワンハンドルマスコン
(写真7 内部の機器)
内部の機器

側面表示器操作体験のコーナーへは、まだ、展示などがありますので、次回は、この続きを予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する