にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年5月29日(日)に京急ファインテック久里浜事業所(神奈川県横須賀市舟倉)で開催された、京浜急行電鉄恒例のイベント「京急ファミリー鉄道フェスタ2016」に今年も出かけましたので、何回かに分けて記録していきたいと思います。
(写真1 京急ファミリー鉄道フェスタ2016から)
京急ファミリー鉄道フェスタ2016から

今年の注目の車両は「台鉄ラッピングのKEIKYU BLUE SKY TRAIN」、そして、人気のつづく「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」ということで、3つの色の電車が今回も並びました。
また、登場したばかりで貫通扉を持つ「新1000形1800番台」も、車両撮影コーナーに仲間入りです。
(写真2 車両撮影コーナー)
車両撮影コーナー

さて、今回、会場までは、はじめて“無料シャトルバス”に乗車しました。それは、京急久里浜駅を降りたら比較的すいていて、並ばずに乗れたからです。
バスは、久里浜工場の少し先の吉井バス停で降車となります。
(写真3 無料シャトルバス 吉井バス停)
無料シャトルバス 吉井バス停

吉井バス停から、久里浜工場にもどる途中では、公道からも旧1000形をはっきりと見ることができます。
(写真4 久里浜工場内の旧1000形)
久里浜工場内の旧1000形

ここから、あと少しで会場の京急ファインテック久里浜事業所の入口です。
駅から会場まで歩くよりは、温度が快適なでとても助かりました。
(写真5 京急ファインテック久里浜事業所 看板)
京急ファインテック久里浜事業所 看板

会場に入ると、いきなりたくさんの座席が並んでいました。
みなさん、(購入者を除き)自分の家には来ないとわかっていても、やはり気になるようです。
(写真6 入口付近に置かれていた販売済みの車両部品)
入口付近に置かれていた販売済みの車両部品

京急ファミリー鉄道フェスタ2016からは、次回に続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する