にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する2回目です。

博物館の入口付近は、全体的にカラフルになり、自動改札機も新しくなりました。
(写真1 新しくなった自動改札機と入口付近)
新しくなった自動改札機と入口付近

リニューアル前のものと比べると、デザインがかなりちがいます。
(写真2 リニューアル前の自動改札機)
リニューアル前の自動改札機

入館券も新しくなり、ここにも“のるるん”が進出です。
自動改札機を通る際には、QRコードをかざす方式に変更となっています。
(写真3 電車とバスの博物館 入館券)
電車とバスの博物館 入館券

このほか、ボードに掲載の写真も最新型の車両になりました。
(写真4 ボードに掲載の電車も最新型に)
ボードに掲載の電車も最新型に

改札を通るとすぐに、パノラマシアターの案内があります。
ここにも、“のるるん”です。すでに、のるるんワールドとなっています。
(写真5 パノラマシアターの案内ものるるん)
パノラマシアターの案内ものるるん

さて、階段を下りると、グッズショップがあり、おなじみの鉄道おもちゃ「プラレール」もあります。
東横線5050系と目黒線5080系が販売中です。
(写真6 東急のプラレール)
東急のプラレール

このほか、話題になった「バスの降車ボタン」など、東急関連のグッズが充実しています。
(写真7 バスの降車ボタン)
バスの降車ボタン

そして、先ほど案内にあったパノラマシアターと周辺もかわりました。
(写真8 パノラマシアター)
パノラマシアター

次回の「電車とバスの博物館」の話題は、パノラマシアターからを予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する