にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月にリニューアルオープンした、東急電鉄の「電車とバスの博物館」を、要所は一部、リニューアル前と比べながら記録する1回目です。
先日まで、記事にしていた「東武博物館」とは、東京メトロ半蔵門線を経由して、東急田園都市線の宮崎台駅まで、1つの乗り入れ路線でつながっています。
(写真1 電車とバスの博物館 リニューアル後)
電車とバスの博物館 リニューアル後

まず、宮崎台駅の改札を出たところのプロムナード入口は、配色がかわり「DEN BUS」の“略”が目立ちます。
キャラクターも“のるるん”に絞られました。
(写真2 電車とバスの博物館 リニューアル前)
電車とバスの博物館 リニューアル前

同駅の各所にある博物館の案内は、東急線各線の記号と“のるるん”となりました。
(写真3 のるるんの案内)
のるるんの案内

ホームのベンチにある案内は、“のるるん”のいろいろなホーズがみられます。
(写真4 宮崎台駅の案内)
宮崎台駅の案内

さて、プロムナードに入ると、キッズスケッチの展示にかわりました。
以前は、東急の歴史を写真で紹介しているコーナーでした。
(写真5 キッズスケッチプロムナード)
キッズスケッチプロムナード

そして、プロムナード先の田園都市線の通過時刻と連動している踏切は、そのままといった感じです。
(写真6 電車の通過時刻と連動している踏切)
電車の通過時刻と連動している踏切

しかし、博物館・建物の入口は、ここでも“のるるん”がお出迎えです。
大きなガラスのドアは、電車のドア風になりました。
(写真7 電車のドア風の入口とのるるん)
電車のドア風の入口とのるるん

ここも、以前のキャラクターは、ひっそりと消えていきました。
(写真8 リニューアル前のドア付近)
リニューアル前のドア付近

リニューアル後の「電車とバスの博物館」の話題はつづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する