にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年早春の江ノ島電鉄(小田急グループ)沿線からの続き5回目です。

今回は、極楽寺駅の鎌倉方面となりの「長谷駅」の話題です。
(写真1 長谷駅と極楽寺4号踏切道)
長谷駅と極楽寺4号踏切道

長谷駅では、踏切の点検作業をしているところを見ることができました。
(写真2 メンテナンス中の踏切)
メンテナンス中の踏切

遮断機をはじめ、警報機など踏切に関連するものを、一通り、素早く点検していきます。
最後は、列車が通らないタイミングで、遮断機を一度下げて確認して完了です。
(写真3 確認のため遮断機を下げる作業)
確認のため遮断機を下げる作業

そして、長谷駅は、(単線のため)列車の交換を行う駅の一つです。
(写真4 長谷駅に入ってくる1000形)
長谷駅に入ってくる1000形

ここまでなかなか触れてこられませんでしたが、江ノ電の車両の特徴のひとつに、連接台車があります。
(写真5 江ノ電の連接台車)
江ノ電の連接台車

旧500形を意識した現在の500形車両もすてきです。
(写真6 江ノ電500形)
江ノ電500形

次回の江ノ電の話題は、長谷駅の続きと大仏様を予定しています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する