にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
一連の地震で被災された方、救助・支援活動をされている方はもちろんのこと、多くの方が大変な状況にあると思います。
心配な状況が続きますが、一日も早く地震活動が収束することを願っています。

2016年2月上旬に、東武スカイツリーライン東向島駅にある「東武博物館」へ行ってきた話題の続き19回目です。

今回は、1/80 16.5mm(HO)の鉄道模型によるパノラマです。
このような大きなパノラマは、関東では、鉄道博物館(JR東日本)・地下鉄博物館(東京メトロ)・電車とバスの博物館(東急)・京王れーるランド(京王)・横浜市電保存館などでも見られ、博物館では人気のコーナーの一つです。
(写真1 東武博物館 鉄道模型のパノラマ)
東武博物館 鉄道模型のパノラマ

東武博物館でも、60000系から8000系リバイバルカラーの車両などまで、いろいろな形式の模型車両が走行します。
(写真2 新型車両からリバイバルカラーまで)
新型車両からリバイバルカラーまで

また、風景では、注目の“東京スカイツリー”もあります。
(写真3 東京スカイツリーのある風景)
東京スカイツリーのある風景

このパノラマは、上の方からも一部見ることができて、上空からの景色のようです。
(写真4 東京スカイツリーの風景 上から)
東京スカイツリーの風景 上から

遊園地のジオラマも全体がわかります。
(写真5 遊園地のジオラマ)
遊園地のジオラマ

席のある手前側では、バスが走るなど街の様子も作られています。
(写真6 バスが走る街の様子)
バスが走る街の様子

このコーナーの脇には、2階へ通じる通路があり、側面からパノラマを見たり、上階からもいろいろと楽しむこともできます。
(写真7 2階へ通じる通路)
2階へ通じる通路

楽しい展示がや体験がたくさんの東武博物館の話題は、もう少し続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する