にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年早春の江ノ島電鉄(小田急グループ)沿線からの続き4回目です。

今回は、駅を中心に記事をまとめたいと思います。
七里ヶ浜駅から鎌倉駅方面です。またまた、駅(稲村ヶ崎)を一つ飛ばして、「極楽寺駅」です。
(写真1 稲村ヶ崎3号踏切)
稲村ヶ崎3号踏切

江ノ電の中でも、極楽寺駅は絵になる駅の一つです。
駅前の赤いポストも、いい雰囲気を出しています。
(写真2 極楽寺駅)
極楽寺駅

江ノ電のカラーでまとめられた駅名看板(駅名標)などは、落ち着いた感じになっています。
(写真3 極楽寺駅 駅名標・時刻表・路線図など)
極楽寺駅 駅名標・時刻表・路線図など

一方で、簡素な駅名看板もありました。
(写真4 極楽寺駅 駅名看板)
極楽寺駅 駅名看板

江ノ電は単線で、列車の交換がない駅は、同じホームを両方向に使用するため、どちら方面に向かう電車なのかがわかるように案内があります。
(写真5 進行方向の案内)
進行方向の案内

そして、ゴミ箱には、江ノ電と嵐電のキャラクターが描かれていました。
(写真6 キャラクターが描かれたゴミ箱)
キャラクターが描かれたゴミ箱

ここで、駅から線路に沿って稲村ヶ崎駅方面に歩いてみます。
すぐ近くには、普通の踏切がありますが、江ノ電だと不思議といい絵になるような気がします。
(写真7 稲村ヶ崎4号踏切)
稲村ヶ崎4号踏切

さらに、もう少し進むと、極楽寺検車区が見えてきました。
線路には渡り板もありますが、“立入禁止”ですので、少し離れたところからです。
レトロ電車の10形がとまっていました。
(写真8 江ノ電 極楽寺検車区)
江ノ電 極楽寺検車区

江ノ電の話題は、もう数回つづく予定です。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する