にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年早春の江ノ島電鉄(小田急グループ)沿線からの続き3回目です。

前回、龍口寺前交差点まで記録して、江ノ島駅が目前でしたけれど、少しもどりまして、峰ヶ原信号場から(反対方面)です。
この信号場は、鎌倉高校前駅と七里ヶ浜駅の間にあって、単線のためここでも、列車の交換を行います。
(写真1 峰ヶ原信号場 20形と500形)
峰ヶ原信号場 20形と500形

平行して通っている国道134号線には、江ノ電バスの「峰ヶ原バス停」があります。
(写真2 峰ヶ原バス停)
峰ヶ原バス停

峰ヶ原信号場から出発した鎌倉方面の列車は、再び柵のない区間を走行します。
(写真 峰ヶ原信号場から鎌倉方面の列車)
峰ヶ原信号場から鎌倉方面の列車

ごくわずかに高いことろを江ノ電1000形「嵐電号」が通過していきます。
(写真4 江ノ電1000形「嵐電号」)
江ノ電1000形「嵐電号」

ここでも、迫力のある江ノ電が見られますが、注意が必要です。
(写真5 峰ヶ原信号場-七里ヶ浜駅)
峰ヶ原信号場-七里ヶ浜駅

この区間には、建物の間から狭い道路も接続しているため、注意を促す看板や列車の接近を知らせる装置などもあります。
ただし、踏切ではないため、遮断機などはありません。
(写真6 列車の接近を知らせる装置など)
列車の接近を知らせる装置など

線路に沿って歩いて行くと、カーブの先に七里ヶ浜駅が見えてきます。
(写真7 七里ヶ浜駅方面)
七里ヶ浜駅方面

見所は電車や線路だけではなく、七里ヶ浜の海もすてきです。
※海岸全体の写真は、別の記事で掲載を予定しています。
(写真8 七里ヶ浜の景色)
七里ヶ浜の景色

江ノ電の話題は、あと数回つづく予定です。
関連記事
コメント
コメント
嵐電カラーはきれいだと思います
でむろい・まぁーちん 様

いつも、ありがとうございます。

嵐電(京福電気鉄道)と姉妹提携している関係で、1編成2両が嵐電カラーの“嵐電号”となっていて、とてもきれいなカラーだと思います。
ちなみに、嵐電には、江ノ電カラーの“江ノ電号”があります。

江ノ電は、このほかにも、台湾鉄路管理局(平渓線)との提携に関連して、台湾と神奈川の観光をテーマにしたラッピング電車も走っています。

さらに、元から色の違うレトロ車両(10形)や、広告ラッピング車などもあって、いろいろなバージョンがあります。

昔のイメージも残しつつ、新しくなっていく江ノ電も楽しいかと思います。

ブログの方も楽しみにしております。引き続き、どうぞ、よろしくお願いいたします。
2016/04/13(水) 13:43:24 | URL | Panda NEKO No.1 #cZE63iUQ [ 編集 ]
江ノ電
「嵐電号」っていうのですか。
初めて見るカラーですね。

江ノ電は緑一色とばかり思ってました。
2016/04/12(火) 04:43:24 | URL | でむろい・まぁーちん #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する