にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月上旬に、東武スカイツリーライン東向島駅にある「東武博物館」へ行ってきた話題の続き16回目です。

前回の線路を守るコーナーの前には、「安全に走るシステム」という、鉄道模型を使い、信号システム(閉そく)などをシミュレーションするコーナーがあります。
(写真1 安全に走るシステム~60000系と東向島駅)
安全に走るシステム~60000系と東向島駅

鉄道模型が走行するレイアウトは、かなり広いものとなっています。
(写真2 安全に走るシステムのレイアウト全体)
安全に走るシステムのレイアウト全体

運転台は手前と奥に2台ずつあって、4名まで同時に体験できます。
(写真3 シミュレーション)
シミュレーション

また、側面には押しボタンによって、2列車走らせることもできるようになっています。
(写真4 押しボタンによる鉄道模型の運転)
押しボタンによる鉄道模型の運転

体験用の列車は2両編成ですが、東武鉄道で活躍する多くの形式が集められています。
(写真5 駅に停車する車両)
駅に停車する車両

東武アーバンパークライン(野田線)の60000系と100系スペーシアが交差するシーンも見られました。
(写真6 東武60000系と100系スペーシア)
東武60000系と100系スペーシア

赤い色が目立つ1800系もあります。
(写真7 東武1800系)
東武1800系

高架のカーブする区間には、線路外に8000系などの車両も置かれていました。
(写真8 ループ線の下の模型車両)
ループ線の下の模型車両

この博物館は、とても鉄道模型が多く、まだそのほかのコーナーでもたくさん見ることができます。
東武博物館の話題は続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する