にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
少し前に、鎌倉高校前駅近くの踏切の写真で予告していた江ノ島電鉄(小田急グループ)です。
2016年早春の沿線から、いくつかピックアップして記録していきます。

初回は、鎌倉高校前の次の駅でもある「腰越駅」です。
単線で、4両編成の場合は、鎌倉方の1両分がホームに入りきらず、乗降ができない小さな駅です。
(写真1 江ノ島電鉄 腰越駅)
江ノ島電鉄 腰越駅

この駅から掲載をスタートしたのは、腰越駅~江ノ島駅間に併用軌道の区間があり、お気に入りの場所だからです。
(写真2 江ノ電 腰越駅ホームから)
江ノ電 腰越駅ホームから

改札を出ると、腰越駅にはかわいい“えのんくん”と300形の絵が描かれていました。
(写真3 腰越駅の絵)
腰越駅の絵

駅を出るとすぐに併用軌道になりますが、歩行者が飛び出さないようにでしょうか、駅寄りは踏切になっていて(江ノ島1号踏切)、警報機や遮断機が設置されています。
そして、すぐに神戸川(ごうどかわ)にかかる神戸橋となります。
(写真4 神戸橋交差点)
神戸橋交差点

日中は、すべて4両編成の江ノ電が、道路に出てくるところは迫力があります。
(写真5 腰越駅から併用軌道に出てくる江ノ電の車両)
腰越駅から併用軌道に出てくる江ノ電の車両

道路の中央を列車が通りますが、両サイドの幅はかなり狭くなっています。
(写真6 神戸橋を渡る江ノ電20形+2000形)
神戸橋を渡る江ノ電20形+2000形

次回の江ノ電の話題は、腰越駅と江ノ島駅間を予定していて、つづきます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する