にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月上旬に、東武スカイツリーライン東向島駅にある「東武博物館」へ行ってきた話題の続き13回目です。

鉄道模型の展示は、まだ、ほかのコーナーにもたくさんありますが、いったん保存車両の記録をします。
中庭のようなスペースには、2両の車両があり、うち一つは。電気機関車のED101形101号です。
(写真1 東武 ED101形101号)
東武 ED101形101号

プラットホームのようになっているところから、側面を見てみました。
(写真2 ED101形101号の側面)
ED101形101号の側面

車両の中央部には、社紋と形式が金色に輝きます。
(写真3 社紋と形式)
社紋と形式

別のところは、イングリッシュ・エレクトリック社の銘板もありました。
(写真4 イングリッシュ・エレクトリック社の銘板)
イングリッシュ・エレクトリック社の銘板

建物・入口側からのED101形101号もすてきです。
(写真5 ED101形101号 建物側前面)
ED101形101号 建物側前面

再び、ホーム上からも撮ってみましたが、こちらは建物の窓などが反射して写ってしまいました。
(写真6 ED101形101号 ホームから)
ED101形101号 ホームから

電気機関車なので、中には入ることができませんが、運転席はのぞくことができます。
(写真7 ED101形101号の運転席)
ED101形101号の運転席

東武博物館からは、一緒に展示されている5700形5701号へ続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する