にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
2016年2月上旬に、東武スカイツリーライン東向島駅にある「東武博物館」へ行ってきた話題の続き11回目です。

今回は、現役車両の50090型の模型からです。
TJライナーに使われるこの車両は、1/80サイズでもすてきです。
(写真1 東武50090型 鉄道模型 1/80 16.5mm ほか)
東武50090型 鉄道模型 1/80 16.5mm ほか

そして、スペーシアの100系も、もちろんあります。
その上段には、東武10030型や東京メトロ有楽町線の車両などまでありました。
(写真2 東武100系 鉄道模型 1/80 16.5mm ほか)
東武100系 鉄道模型 1/80 16.5mm ほか

ここからは、これら模型が展示されているコーナーからです。
以前の記事にも掲載している東武鉄道の車両説明には、国鉄63形や名古屋鉄道など他社から移籍してきた車両についても記載されていました。
(写真3 国鉄63形などの説明)
国鉄63形などの説明

このほか、車両の銘板や車号プレートなども展示されています。
(写真4 車両のうりかわりコーナー)
車両のうりかわりコーナー

まずは、1800系・1720系の銘板などです。こちらにも、簡単な車両の説明があります。
(写真5 1800系・1720系の銘板など)
1800系・1720系の銘板など

つづいて、東武で活躍した電気機関車などの銘板です。
蒸気機関車や社紋などの展示もあります。
(写真6 電気機関車の銘板など)
電気機関車の銘板など

東武博物館は、別のコーナーに続きます。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する