にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
グリーンマックス EVOキット 103系(鉄道模型・Nゲージ)のモハ103+モハ102を、横浜線の混色編成から、京浜東北線編成に転属させた代わりに製作中のKATO KOKUDEN/一般形からの冷改車製作は、途中、1両を大きな怪獣に破壊されて、はじめから作り直しとなり、ようやく完成しました。
(写真1 KATO 103系 横浜線 混色編成)
KATO 103系 横浜線 混色編成

KOKUDEN・一般形から製作した非ユニット窓・冷改車です。
クーラーは、グリーンマックスのEVOキットの非冷房車を作ったことによるあまりで、また、ランボードは、ABS樹脂板(東急ハンズ)から切り出したものを使用しています。
(写真2 KOKUDEN・一般形からの冷房改造車製作)
KOKUDEN・一般形からの冷房改造車製作

モハ103・モハ102のユニットで、側面方向幕は、銀河モデルの「行先表示器 新系列電車用」を使用して、室内灯も点灯します。
(写真3 モハ103-46・モハ102-46 冷改車化・室内灯点灯化)
モハ103-46・モハ102-46 冷改車化・室内灯点灯化

モハ102のとなりは、一緒に修正作業を行った非冷房車・サハ103-63です。
(写真4 KOKUDEN・一般形 塗装変更のみと比較)
KOKUDEN・一般形 塗装変更のみと比較

モハ103側のとなりは、KATO 新103系 ATC高運転台・ユニット窓車のクハ103(車体・屋根上 塗り替え)です。
元の型に多少差がありますが、同じメーカー製だけに、違和感はほとんどないと思います。
(写真5 KATO 新103系 ATCユニット窓車との比較)
KATO 新103系 ATCユニット窓車との比較

この3両は、あと、誤乗防止のシール(横浜線)を貼ります。
あそこまでできていて、まさかの作り直しには泣きそうでしたが、なんとかやり遂げることができてほっとしています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する