にゃいっちぃと電車のきっぷ(Panda NEKO No.1 ブログ)
ホームページと連動して、鉄道模型やギミック(仕掛け)にこだわった鉄道おもちゃの製作など、鉄道関係の話題を紹介していきます。
相鉄・JR直通線 (仮称)羽沢駅工事の進捗、2016年3月上旬の様子の続きです。

羽沢駅予定地から、少し新横浜方面へ行ったところ(生花市場前バス停付近)です。
東海道貨物線につながる道路がつくられています。
(写真1 東海道貨物線につながる道路)
東海道貨物線につながる道路

貨物線側の工事用車両を直接入れられるようにしているのではないかと思われます。
ここから、東急線方面へも工事が進められていて、JR横須賀線方面へは地上、東急東横線方面は地下でつながります。
(写真3 ゲートから東急線方面)
ゲートから東急線方面

JR横須賀線方面へは、この先長いトンネル(地上と地下)に入り、生麦(京浜急行線生麦駅付近)で地上に出てきます。
今話題の山手線・E235系が東海道貨物線で試運転したときにも、生麦から地上に出てきました。
(写真4 貨物線の地下から顔を出すE235系 生麦付近)
貨物線の地下から顔を出すE235系 生麦付近

一方、 相鉄・東急直通線は、東海道新幹線とほぼ平行している環状二号線の下を通ります。
三枚町バス停付近で、相鉄・JR直通線と完全に分かれますが、工事の看板もこの辺りから、「相鉄・東急直通線」にかわります。
(写真5 相鉄・東急直通線 羽沢トンネル工事の看板)
相鉄・東急直通線 羽沢トンネル工事の看板

また、この辺りは、「羽沢トンネル工事」と書かれています。
(写真6 三枚町付近のゲートから)
三枚町付近のゲートから

さらに、この付近では、環状二号線の道路側も工事が行われていて、関連していると思われますが、水路の付け替えのお知らせも出ています。
ちなみに、写真の奥に見えるJR貨物のコンテナは、鉄道の貨車ではなく、横浜羽沢駅へ向かうトラックに積まれたもので、環状二号線を走行しています。
(写真7 環状二号線と水路の付け替え)
環状二号線と水路の付け替え

今後も、引き続き工事の進捗を記録していきたいと思っています。
関連記事
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する